傑作フリーゲーム「洞窟物語」をおすすめする回

皆さんお久しぶりです。クラリネットパートのえんがわと申します.

2019年も残すところあとわずかとなりましたが,皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は演奏会本番1か月前を切った今,本番で使用する動画やスライドの製作にいそしんでいる真っ最中であります.進捗が来い.

 

さて,今回は間近に迫った第10回演奏会で曲を演奏するゲームの中で,特に思い入れが深いゲームである「洞窟物語」の話をさせていただきます.

「洞窟物語」は,開発室Pixelさんが開発したフリーの2Dアクションゲームですが,そのクオリティは市販のゲームにも全く引けを取らず,フリーゲームとしては「青鬼」や「ゆめにっき」などと並んでトップクラスの知名度を誇る名作です.私もゲームを買うお金がなかった頃に様々なフリーゲームを遊んできたのですが,洞窟物語はその中でも特に印象に残っているゲームのひとつです.

 

このゲームは主人公が洞窟の中でただひとり,自分の名前も思い出せないところから始まります.この時点ではゲームの目的も何も分からないのですが,彼が武器を手にして洞窟から抜け出し,世界を冒険していくうち,彼自身の生い立ちや,この世界の真実に近づいていきます.このゲームの魅力として,ほどよい歯ごたえの非常によく練られたアクション性,かわいらしく温かみのあるドット絵のグラフィックに,オリジナル音源を用いたレトロさを感じさせつつも強く印象に残るBGM,そしてそういった雰囲気の中でいっそう際立つ,どことなく切なさを感じさせるストーリー(そして鬼畜難易度の聖域タイムアタックチャレンジ)などが挙げられます.ほかにもこのゲームの魅力を語りだしたらキリがないのですが…ここには書ききれませんので,あとはぜひご自身でプレイして確かめてみてください(笑)

 

さて,第10回演奏会では「洞窟物語バトルメドレー」を演奏するということで,珠玉のアレンジが施されたあの名曲を,当団が誇るドット絵師たちによる渾身のドット絵作品とともにお送りいたします.原作を知っている方は最高に楽しめるのはもちろんのこと,原作を知らない方も,演奏後には「洞窟物語やってみようかな」と思うこと間違いなしです.どうぞお楽しみに!

 

ということで,来年1/26(日)の萩ホールにて,皆様のご来場を心よりお待ちしております.

以上,クラリネットパートのえんがわでした.

それではよいお年を.


スポンサーサイト
  • 2020.01.16 Thursday
  • -
  • 21:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする