始まりと終わりの満ち引きによせて

 「しかしMPがたりない」という一風変わった(団体名の体を為しているのかどうかギリギリの)(色んな意味でスレスレの)楽団の存在は、このブログをご覧の方ならばすでにご存じのことだろう。


 この楽団はいまやそれなりの人数規模になっていて、それを動かすには役割分担のようなものがキモになってくるわけだが、その1つに広報係というものがある。演奏会の告知や普段の活動の様子について、時にWebで、時にチラシで、団外へ向けて発信していく重要な役割を担っている。彼らの頑張りの甲斐あって、公式ツイッターアカウントのフォロワー数は増加の報告を受けているし、演奏会の来場者数は前作でついに800名を超えた。200名ちょっとのキャパの会場を使用した第1回演奏会から考えるとおよそ4倍。いやはや、たまげたものである。
 演奏会を成り立たせるものはなにか、という議論において飛び交う悲喜こもごもはさておき、1つの有力な説として「それには観客の存在が必ずあってしかるべきだ」というものがある。これに則るならば、広報係の働きなくしては「MPのない音楽会」そのものが成立しない。
 もっと別の視点、たとえば「観客席が埋まっていたほうが演奏する者のモチベーションが高まる」ことに着目してもいい(緊張しいの者もいるだろうが、観客が800名でも400名でも緊張することには変わりないように思われる。ソースはわたしだ)。ホールの外側での活躍が目を引く広報係もまた、舞台上でのパフォーマンスに大きく寄与しているのだ。誤解の無いように述べておくが、たとえ観客が貴方たった1人だとしても、われわれはきっと最大限のパフォーマンスを貴方にお聞かせできるだろう。

 

 そんな重大任務を背負った広報係から「演奏会前に一筆書いてくれ」と言われていたのを今日まで先延ばしにし、あわてて筆を取っているのがわたしである。一筆といいつつ、すでに何度か墨を注ぎ足していることは、ここまでお読みくださった方ならお分かりだろう。

 演奏会へご来場予定の皆様は(もしくは、ご来場を迷われている皆様がこれからそのようになってくれるのを願っているのだけれど)、きっと「MPのない音楽会次廚悗隆待に胸を膨らませ、遠足前のような落ち着かない夜を過ごされていることと思う。そんなそわそわする一夜の退屈しのぎや手慰みに、長い長い一筆へお付き合いいただければ幸いである。

 

 

 さて、しかしいったいナニを語ってよいものだろうか。

 

 基本的な情報は広報係がこのように告知してくれたので、今更わたしが繰りかえすまでもない。演奏予定の曲目についても同様だ。いくつか、まだ明かされていない曲目もあるが、これは当日までのお楽しみなのでわたしの口からは申し上げられない。
 今回はなかなか名の知れたゲームタイトルから珠玉の名曲がそろい踏み、といったところだが、これだけの数ともなると腕に覚えのあるゲームファンでもすべてを網羅するのは難しいだろう。
 そんな方には当団公式ツイッターのゲーム紹介ツイートをおすすめしたい。短い文章にゲームの魅力がぎゅっと凝縮され、初めて触れるタイトルでもプレイしたい・聴いてみたいという意欲が湧いてくること間違いなしだ。
 願わくば私も簡潔に魅力を伝えられるようでありたい。せいぜい「御剣怜侍の成長を痛感する『逆転検事1・2』がついにスマホ配信開始!あなたの手のひらに御剣検事が!」とわめき立てるくらいが関の山である。

 

 さて、曲目については言い尽くされてしまった。ではチーフらしく(わたしは今作の企画チーフという肩書を頂戴している)、演奏会のコンセプトについて語るのはどうだろう。「失われた旋律を求めて」という意味深なタイトル、皆様も気になっているのではないか?
 いや、それもだめだ。何しろこればっかりはもう、何を話しても一切合切すべてネタバレに直結してしまう。御剣怜侍の人間としての成長ぶりについて語ろうとすると、なにもかもが『逆転検事2』のネタバレになってしまうことにも似ている。
 ここまでついてきてくれた企画係の面々の活躍ぶりを語れないことは非常に残念だが、ご来場後の楽しみを皆様からむやみに奪うのはわたしの望むところではない。どうやらこの話もできないようだ。

 

 ではフライヤーについてはどうだ。
 ううむ、しかしこれも、わたしがいまさら言葉を尽くす必要があるのだろうか。御託はいいから見ていただいたほうが手っ取り早いのではないか。
 中央に佇む人物の強い瞳はいったい何を映すのか……もの言いたげに振り向く彼女は、そして、無視するにはあまりに存在感のある黄色いアイツは……。これから始まる物語への不安と期待が一枚のフライヤーにゆらめき、さながら、新作RPGのキービジュアルといった趣きである。会場では大判のポスターサイズで掲示される予定なので、ぜひじっくりと、穴の空くほど眺めていただきたい。
 紙モノつながりで言及しておくと、今作の「取扱説明書」はこれまでと一味違う仕上がりになっている(「MPのない音楽会」シリーズでは、曲目等を記載したプログラム、パンフレットのことを「取扱説明書」と称している)。各種ゲームの小ネタを誌面一杯にちりばめているが、親愛なるご来場予定の皆様であれば、元ネタに気付いてニヤリとしてくださるだろう。

 

 当団の誇る最強クリエイティブ集団・美術班の活躍は紙の上だけに留まらない。
 すっかりお馴染みの、会場スクリーンにイラストやセリフを映し出す演出で、その実力が遺憾なく発揮されている。思わず頬がほころぶような可愛らしいキャラクター、狂気を孕み身の毛もよだつおぞましきクリーチャー、こだわりぬいた末のヒップライン……あなたの琴線に触れる1枚がきっとどこかにあるはずだ。
 絵だけではなく、立体や衣装関係もとんでもないレベルで作成されている。とくに女性キャラクターの造形は当代随一、いや、ここは随"二"というべきかしら。軽率に「これを作れるか」などと訊ねるべきではなかったのだと痛感している、なにしろ、かつてマッハポケモンを舞台上に出現させてしまった美術班なのだから。
 複製原画の販売には対応していないので、ご来場いただき、心にスクショしていってほしい。なんといっても言葉では言い尽くせないものがそこにあるので、これ以上わたしの言うべきことはない。

 

 スクリーン上での表現においては、動画陣営が他の追随を許さない。前作「MPのない音楽会察廚埜開された、ヒロインの笑顔まぶしいオープニングなど、忘れられない方もいるだろう(わたしはクールな美人で方向音痴な伊達静さん推しだ)。いますぐお見せできるものとして、第5回演奏会よりギフトピアを紹介しておく。
 ここ数年で担い手も一気に増え、よりクオリティ高く、よりバリエーション豊かな動画の数々が次々に着々と出来上がってきた。あまりの再現度に「えっコレ自作なの?キャプチャーじゃなくて?」なんて戸惑いの声も聞かれるほど。振り込めない詐欺とはよく言ったものだ。このままいくと、数年後には「VR『しかしMPがたりない』」も夢ではない。
 御託はいいから来て、観て、体感してほしい。演奏曲とゲーム風ムービーとの相乗効果により、貴方を未知の世界へと誘ってくれよう。

 

 VRもいいけれど、生身の人間も忘れてはいけない。本作の主演俳優たちは――いや、この話もやめておこう。
 本作の主人公はまぎれもない、ご来場いただいた貴方自身だ。
 ひとたびホールへ足を踏み入れると、おや? なんだか見覚えのあるキャラクターが、もしかしたら演奏会に足を運んでいるかもしれない。

 

 無論、演奏会たるもの、演奏曲なくしては始まらない。それこそいかに「いい曲なのだ」と語ったところで、百"文"は一"聞"に如かず。

 直近の演奏の様子としてスプラトゥーンメドレーSuper Mario Galaxy2ご紹介しておこう。銀河に願いをは斬新なアレンジでコンサートマーチに仕上がっており、わたしの最も好きな演奏曲のひとつだ。この動画は昨年秋の加美町バッハホールでの演奏音源を使用している。

 さて、今回の会場は難攻不落の城・川内萩ホール。これまでもステージ脇の出入り口を開け閉めするなど、あの手この手で城を落とさんとしてきたが、今回はステージセッティングを大幅に変更して挑む(すくなくとも、本番当日に音楽監督の気が変わらない限りは)。一皮むけたえむぴサウンドにびりびり痺れていただけるはずだ。
 編曲チームの手練れ4名の音楽監督によって、あの日の名曲がよみがえり、暴れ馬のようなサウンドが手懐けられ、会場を自在に駆け回っていく。いったい、今回はこの曲にどれほど食らいついていけるのか。奏者にとってもガチンコ勝負の演奏会に、わたしがここで「がんばろうぜ!」といったくらいではエネルギーがたりない。ご来場の皆様の応援がなによりである。その拍手が、つっこみが、貴重なMPの回復アイテムなのだ。

 

 これほど中身を詰め込んだ演奏会だが、なによりも大切なのは関わるすべての人の安心安全である。トラブルなく、怪我なく、世界観にとっぷりと浸っていただくために、舞台袖や受付には総務団員が控えている
 ご来場の皆様が無事に帰路へ着いてくださる……たったそれだけのようでいて、そのことは何よりも大切で、それだけで演奏会はひとつの成功を見たといえる。その「基本的で重大な成功」のために、誰かがやらねばならぬことをやっている。そんな彼らの頑張りはやはり、わたしのこの場でのねぎらいなどではなく、皆様にご来場いただいてこそ報われるものである。
 肌で感じていただく機会は少ないかもしれないけれど(むしろ、そうあるために彼らは奔走しているのだけれど)、そんな役割の人間もどこかに必ずいるということ、心に留め置いてほしい。

 

 おや、どうやら「語るべきことはなにもない」ということをひとしきり語り終えてしまったようだ。
 ざわつく夜のおともにも十分な長さとなったところで、私の"一筆"を終わりにしよう。この"一筆"の終わりが貴方の冒険の始まりになり、ゲームの終わりがクリア後の世界の始まりとなる、そんな始まりと終わりの潮汐へ、思いをはせつつ。

 

 ご来場予定の皆様、「そしてゲームを愛するすべての人へ、愛を込めて」。


スポンサーサイト
  • 2020.10.21 Wednesday
  • -
  • 18:18
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
本日の演奏会見ました
今までと違うストーリーで心に響きました。
皆様のますますのご活躍を陰ながら応援してます。
私もえむぴーのように現実の世界で頑張ります!
  • てぃお
  • 2018/01/21 8:35 PM
コメントする