第10回演奏会は…







嘘です。



こんばんは、総務の雨後です。

つい先日、第10回演奏会の「ポットモンスターブラック・ホワイトメドレー」関連のイラスト作成作業が完了しました!

私だけでなく複数の美術スタッフのゼンリョクが詰め込まれたものとなっておりますので、演奏会の際にはスライドにも注目していただけると嬉しいです。



---以降、ポケモン新作の話です---


さて、先月ポケモン新作「ソード・シールド」が発売されましたね……………

マッギョ(ガラルのすがた)が登場しましたね。

実は私、ポケモンブラック・ホワイトでマッギョ統一パーティで旅をする(※1)くらいにはマッギョが好きで。

ソード・シールドでマッギョに初めて出遭ったとき、興奮しすぎてフレンドボール(※2)を投げてしまいました……マッギョはトモダチだからね、仕方ないね。


※1 私のツイート参照(https://twitter.com/ugomiti/status/1178543009316495361?s=21)

※2 レアなボール。基本的には、ストーリー中で1個しか手に入らない(クリア後にすごく頑張ると、2個目以降も手に入るらしい)


最近はちまちまフレンドボール入りマッギョを孵化してマジカル交換に流してます。フレンドボール入りマッギョが送られてきたら、送り主は私かもしれませんかわいがってあげてね!


実は今作でも(サブロムで)マッギョでストーリークリアを目指したいと考えています。ガラルマッギョは鋼タイプなので、チャンピオンのリザードンが辛そうですが、がんばります。(マッギョだけでゲーチスのサザンドラを突破した私ならいけるはず…)

気が向いたらここで途中経過を実況するかもしれません。その時は生暖かく見守ってやってください。



それでは皆様、よいお年を!


FINAL FANTASY Xについての私見

こんにちは!

トロンボーン、およびニコ生をやっています、りっきーです!

 

早いもので第10回演奏会まで残り2ヶ月を切りました。

お時間がある方は、是非お越しいただけますと幸いです。

(詳細はhttp://lackofmp.webcrow.jp/mp10.html および当団Twitter lack_of_MPをご覧ください。)

 

さて、今回の演奏会ではFINAL FANTASY X(以下、FF10)より「シーモアバトル」を演奏いたします!

FF10といえば2001年に発売して以来、名作として語り継がれている、ゲーム界では知らない人はいないほどの作品・・・なのですが

 

実は私、今年の8月までFF10をプレイしたことがなかったのです!!

(そもそもFF自体、9をデザートエンプレスまでプレイした程度なのです・・・)

今回、演奏会で取り上げるゲームタイトルということもあり、いい機会と思ってプレイしてみました。

その結果・・・

 

2019年12月現在、まだプレイしています!

 

RPGでこれだけ長いことプレイしたのはドラゴンクエストXI(以下、ドラクエ11)以来でしょうか?

(FF10より先にドラクエ11をプレイしているのも不思議な感じがしますが・・・)

伊達に名作と言われていないな、と思いました。

 

本ブログではそんなFF10の魅力について、(もう色んなところで語られているとは思いますが)

当団でFINAL FANTASYに知見が深い、総務のそのこさんと話し合った内容を含めて書きたいと思います!

 

※多少、ネタバレを含みますので、ここから先は「»続きを読む」からお願いいたします。

 

 


好きなゲームを語るんご

春の陽気に誘われて四月のブログ担当すっかり忘れてました。サックスパートのウィダです。とはいえ上旬は有り得ない程寒かったですね…


今回は私が今ガンハマりしているスマホゲー「メギド72」について紹介していこうと思います。

この前の合奏で好きなゲーム思い浮かべてという指示が飛んだので秒で思い浮かべました。自己開示大事だと思うのでブログに記したいと思います。


メギド72とは、迫る世界の終末「ハルマゲドン」を食い止めるために、ソロモンの力を継いだ主人公と、それに従うソロモン72柱の悪魔が戦うストーリーを主軸を展開されます。終末をテーマに描かれるエグいストーリー、独自の戦闘システムや全キャラレアリティ無し(しかも性能被りキャラが一切無い)という所から戦略性の高さ、そして音ゲーではないのにも関わらず初手で「イヤホン、ヘッドホン推奨」と推される位には音楽にも力が入っています。


推しポイントは、〇呂瓩笋垢記∪鐺システム2山擇任垢諭


〇呂瓩笋垢

もうこれでしょ…

何が始めやすいかと言いますと、まず初回ガチャ引き直し放題。リセマラ不要。更に配布キャラとして基本的な役割(盾役、回復、アタッカー、状態異常等)を持ったキャラが貰えます。始めでキャラが大体揃っているので、「自分の力で倒せない…」「盾が居ないから直ぐ死ぬ…」がありません。

もう一つ、始めやすさとして、キャラのレアリティ概念が無いことです。最初にガチャで引いたキャラたちをずーーーーっと使い続けることが出来ます。ポケモンは旅パでずっと遊んでた私にとってこれはとてもうれしい。


∪鐺システム

もうこれでしょ…

メギドの戦闘システムは全く新しいもので、ストーリーと密接に関わりながら展開していきます。説明するのは難しいので気になった方はインストールして下さい()

とにかくこの戦闘システムが面白い。敵の難易度が高めになっている分、勝てた時の達成感や自分の戦略がハマった時の脳汁具合は特にヤバい。腕が折れるまでやり続けてしまう。

n回でも言うんですが、このゲームのキャラにはレアリティ概念が無く、上位互換下位互換が存在しないので、好きなキャラでずっと戦う事が出来ます。それもうれしい。


2山

もうこれでしょ…

タイトル画面のテーマが無限に好きなんですよ…始めた時に耳から壮大な音楽と、なぜか大号泣している男女が現れた時の衝撃たるや…

公式が音楽に力を入れまくっているのが好き。wav形式で一部のサントラを配信していたり、演奏してみた動画を上げているのも凄く好きです。一番好きなのはやはり…クズのテーマでしょうか…あとはベヒモスイベントの時のチェロ曲が好きです。

他にも沢山素敵な曲がありますので(俺らイケメンで検索!)、ぜひ公式サイトで聴いていただけたらと思います。あわよくばMPに編曲して持っていきたいですね。



うっ、、、早口オタクなので好きな所を上げるとキリが無くなってしまう、、、ちょっといい事書きたいなと思ったのに全く書けなかった…


以上、古戦場とハルマゲドンと芦名城を彷徨うウィダでした。皆さんもよきゲームライフを!







| 1/4PAGES | >>